ヤマト住建❁東京支店ブログ❁

ヤマト住建や東京支店のことについて

***************************************

HP来場予約の際にヤマト住建東京支店のブログを見ましたと備考欄に記入していただいた方に、
QUOカード2000円分プレゼント!
ヤマト住建のSNSアカウントにフォロー&いいねをして、
確認させて頂いた方には更に2000円分プレゼント!!
来場時、営業さんに「SNS見ました」と一言お伝えください。

★WEB来店予約★

**************************************

LCCM住宅について

ヤマト住建、パートのキャサリンです👩

 

今日は、LCCM住宅について営業さんから教えて頂いたのでご紹介します😊✨

 

なにやら、ZEHを越える住宅なんだそうです✨✨

 

「LCCM住宅」とは☝️

 

「ZEH」の考え方プラス、家を建てる時に発生するCO2や、将来の改修・解体を含めた “住まいのすべての過程でCO2排出量” を抑える住宅だそうです🏠

 
建設時・運用(居住)時・廃棄時においてできるだけCO2削減に取り組み、再生可能エネルギー(太陽光発電など)を創り出す✨

 

つまり、お家で使うエネルギー分を発電して地球環境に優しい住宅ということです🏠✨✨

 

f:id:Yamatojktachikawa:20190719115003j:plain

 

 

LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは、長寿命で且つ一層のCO2削減を目標とし、住宅の建設時、運用(居住)時、廃棄までの一生涯、つまり住宅のライフサイクルトータルでCO2の収支をマイナスにする住宅のことです。

 

CO2削減への最終目標となる住宅

地球規模の温暖化対策が課題とされる現在、CO2排出の削減は、日本の最も重要な政策課題のひとつです。なかでも、住宅分野においては建築で使用されるエネルギー消費量の増加が続いており、低炭素化の取り組みを一層強化することが求められています。

政府はこれまで、「省エネ基準」「認定低炭素住宅」「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」など、さまざまな省エネ・省CO2対策を行ってきましたが、これらをさらに進めてより強化した政策として、住宅のライフサイクル全般にわたるCO2の排出量をトータルでマイナスにする「LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)」を提唱し、推進しています。

長寿命、かつ、一層のCO2削減を目標とした住宅として最終的に行き着く目標が「LCCM住宅」ということになります。

 
 地球温暖化対策として、日本は2030年にはCO2排出量を26%削減(2013年比)することを目標としており、なかでも家庭部門CO2については約40%の削減目標を掲げています。(平成28年5月13日閣議決定

 
住宅が貢献するCO2排出削減
住宅のライフサイクルとは?
住宅のライフサイクルとは、

(1)住宅の建設段階

(2)住宅に住んでいる段階

(3)住宅の廃棄段階

これら全ての段階を含んだ、住宅の生涯をさす言葉です。


ZEHのその先へ
私たちは普段、お風呂のお湯を沸かす、暖冷房機器を使う、料理をする、電気を使う…など、さまざまなシーンで電気やガスを利用しています。つまり、地球の資源である石油や石炭を燃やして発電し、二酸化炭素を発生させています。

この住宅運用時(住んでいる時)の年間一次エネルギー消費をゼロ以下にする住宅が「ZEH(ゼロエネルギーハウス)です。
ZEHは、住宅自体の断熱性能や気密性能を向上させ、高効率な住宅設備を設置し、家庭で使う電気やガスなどの一次エネルギーを太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーを利用することで、年間一次エネルギー消費がゼロ以下になるよう計画された住宅です。

 

 

**********************************

 

来場予約で東京支店に来場していただけた方には商品券2千円分プレゼント!!

ホームページからの予約で更に2千円分プレゼント✨

※必ず「ブログを見たよ👀」とホームページ備考欄に記載と、来場時に営業さんにも伝えてください👍

 

WEB来店予約↓

http://u0u0.net/VGKa

 

 

ヤマト住建HP↓

https://www.yamatojk.co.jp/

 

 

***********************************