ヤマト住建❁東京支店ブログ❁

ヤマト住建や東京支店のことについて

***************************************

HP来場予約の際にヤマト住建東京支店のブログを見ましたと備考欄に記入していただいた方に、
QUOカード2000円分プレゼント!
ヤマト住建のSNSアカウントにフォロー&いいねをして、
確認させて頂いた方には更に2000円分プレゼント!!
来場時、営業さんに「SNS見ました」と一言お伝えください。

★WEB来店予約★

**************************************

工法のメリットデメリット

こんにちは😃

 

SNS担当のパート主婦ルーシーです👩

私は家族で戸建住宅に住み早20年目になります🏠

 

f:id:Yamatojktachikawa:20190716105047j:plain

 

今日は家🏠作りを計画する際に考えるいろんな工法のメリット&デメリットについてお話しをお聞きしました。😃

 

現在、日本では、大手住宅メーカーをはじめとして、様々な工法が取り入れられているそうなんです🏠

 

まず、木造軸組み工法、木造枠組み壁工法(2×4工法)、木質パネル工法、

軽量鉄骨軸組み工法、軽量鉄骨ラーメン工法、鉄骨軽量パネル工法、

重量鉄骨ラーメン工法、鉄筋コンクリートラーメン構造、鉄筋コンク

リート壁式構造、壁式プレキャスト鉄筋コンクリート構造、・・・。などなど

 

でもルーシーさんはじめ、なかなかお客様には一体

どんなものかよくわかりませんよね。

 

それで、まず

 

「安い、品質が良い、長持ち、リフォームしやすい、メンテナンスにお金がかからな

い」‼️

 

という点から考えましょう。😃

 

 

なぜかと言うと皆さんが生涯快適に住むには、リフォームや増改築は、どうしても避けられませんよね☝️

 

それは、子どもたちの結婚や就職などで、家族構成は変わるからなんです。😃

 

また、価値観や生活スタイルも変化するからです。🤓

 

 

ここで、将来のリフォームを考えるならば「鉄筋コンクリート」は避けた方がいいで

しょう。

 

頑丈なんですが、地盤補強も必要で、工事期間は長く、ローコストではないからです‼️

 

 

次に、「鉄骨」はどうだと思いますか❓

 

鉄骨と聞くと、皆さん火事に強いと思われがちです。🔥

 

しかし、実際の火事では、わずか5分で強度が六割も落ち、曲がり始めるんです。‼️

(知りませでした🔥‼️)

 

また、現場での溶接などに難点があり、簡単にリフォーム出来ないとの事なんです💦

 

 

そうすると残るのは、「木」を使った工法ですね。‼️

 

 

木質パネル工法は、工場で生産されたパネルを使うので、工事期間を短縮できます。🏠

 

しかし、間取りの変更や増改築は難しくなります。😰

 

また、普及品を使用しないので、品質を確保してローコスト化も困難でしょう。😰

 

 

最後に、木造軸組み工法と、2×4工法が残りました。☝️

 

 

2×4工法は、素人でも建てられる工法です。☝️

 

つまり、熟練の職人さんがいらない分、ローコスト住宅に向いているわけです。✨

 

しかし、間取り変更などのリフォームはしづらいみたいなんです‼️

 

 

また、木造軸組み工法もローコスト住宅に向いていますよと。

 

日本で一番普及している工法で、新築住宅の四割弱を占めるほどです。‼️🏠

 

木の家は、最も普及しているので、良質の材料が安く手に入るためらしいんです‼️

 

ということは、リフォーム業者も、安く工事をすることが出来るからみたいだそうです😊

 

そして、普及している工法ですから、職人さんが数多くいる点でも有利です。☝️

 

 

 

ところで、ルーシーさん👩地震国日本では、

 

地震が来ても大丈夫❓」

 

これは重要ですよね👨‍💼

 

 

まず、地盤の強度を調査し、それに対応した地盤対策をします。💪

 

そして、地震に耐えられる設計施工をします。👷

 

阪神・淡路大震災のような地震にも、耐えられなければならないのです。

 

それには、「材料そのものの強さ」と「接合部の強さ」などが重要になってくるんですよ。

 

 

例えば、木造軸組み工法の骨格をなす柱には、十分な精度と強度が要求されます。‼️

 

一階から二階の屋根まで一本で支える柱は太さ12センチ以上を使うんですよ😃

 

その柱が、強い縦揺れでも、基礎から抜けないようボルトで固定したり、柱と柱、

 

柱と土台をつなぐ緊結金物などを使い、構造を強化するとの事らしいんです‼️

 

 

これは、ローコスト住宅を選ぶ上で、絶対に見逃せない項目ですと‼️

 

また、筋交いという強度部材を入れた耐力壁を、バランス良配置するのも、

 

耐震設計をする上で欠かせないものらしいんです‼️

 

これらは、建築基準法や、技術基準などでも最低限必要なことが定められているんですよ👨‍💼

 

 

では、こんな質問をしてみました💦

「法律に書かれてないなら、床下に空き缶を捨てても良いの❓」

 

「強度を損なう吹き抜けを要望されても、そのまま工事をするの❓」

 

 

これは、実をいうと、モラルの問題らしいんです😊

 

つまり、良心的な業者さんかどうかなんだそうです☝️

 

なるほど信頼関係は大事ですね👩

 

 

今日は営業さんに色々な工法のメリットとデメリットについてお話しを伺いました。😊

 

ヤマト住建の営業さんは細かい話も

親身になって聞いてくれます。💪

 

お客様の疑問や他社さんの事等気になることはなんでも‼️

 

直接お会いしてお話ししてみませんか?

 

ヤマト住建東京支店でお待ちしております🏡

 

ではまた😃